在宅医療について Home medical care

在宅医療とは?

『終活』という言葉に注目が集まったように、寿命が延びているからこそ、最期をどのように迎えるかということに重点を置いて考える方が増えてきました。 そんな中で、自宅で最期を迎えることが出来る在宅医療も注目されており、今後の医療方針で大きな1つの選択肢となりました。 在宅医療とは、病気や障害等により通院することが難しいけれど、医療ケアを行わなければならない方に対して、自宅に医師が直接訪問を行い診療や医療行為を行うことを意味します。

在宅医療には『訪問診療』と『往診』がありますが、それぞれ在宅医療にはなくてはならない医療ケアです。

『訪問診療』は自宅に医師が行き医療ケアを行ったり健康状態を管理することで、病状の悪化を防いだり予防を行うことが出来ますが、『往診』は症状が悪化した時に医師が訪問し治療を行うことを指します。 在宅医療は治療を行うことのみが目的ではなく、病状を悪化させないためのケアや患者様やご家族の精神的な負担を減らすこと等、病気がありながらも自宅で快適に生活を行える環境を構築していくことが大切になります。 そのために定期的に医師が訪問を行い健康状態を把握した上で、どのような治療やケアを行うことが良いかを判断し、継続的に医療を受けることが出来ます。 医師が自宅に訪問して医療ケアを行いますので、状態の良い時も悪い時もしっかりと診ることが出来、患者様本人の症状や悪化する前兆など、多くの情報をより濃く把握することが出来ます。

そうすると、病気が悪化しないように予防を行うことや、容態の変化にも気が付きすぐに治療を行うことが可能になります。 最先端の医療を受けるには病院での入院治療がメインになりますが、在宅医療の場合、治療を行い完治することよりも『ケア』をするということを大切にしていきます。

医師が自宅に訪問して医療ケアを行いますので、状態の良い時も悪い時もしっかりと診ることが出来、患者様本人の症状や悪化する前兆など、多くの情報をより濃く把握することが出来ます。

そうすると、病気が悪化しないように予防を行うことや、容態の変化にも気が付きすぐに治療を行うことが可能になります。 最先端の医療を受けるには病院での入院治療がメインになりますが、在宅医療の場合、治療を行い完治することよりも『ケア』をするということを大切にしていきます。

入院治療では、最先端の医療を受けることは可能になりますが、他の患者様との共同生活になったり、新しい場所で寝泊まり過ごすことなど、大きな環境の変化が様々なストレスを引き起こしてしまうことがあります。 そうなると、自分らしい生活を送りたいという想いに蓋をしなければなりません。

しかし、在宅医療では安心できる場所で大切な人と一緒に生活をしながら最期まで充実した人生を歩むということが出来るようになります。 今まで見てきた景色や変わらない味付けで、寝る場所も香りも何一つ変わりません。

また、病状によっては、入院すると出来なかった家族内での妻や夫、親という役割も果たすことも可能になります。 このように在宅医療は、患者様の感じる苦痛や痛みを出来る限り除きながら、自分で安心できる『自分らしい生活』を送るための環境作りをサポートしていき、患者様の想いや願いを形に変えていけるケアを行っていくことが出来ます。

千葉駅前スタークリニックの特徴

01

診療前の事前相談受付

なにもわからない状態での相談も受け付けています。当院でケアマネや訪問看護、ホームヘルパーの導入の相談も受け付けています。
02

多職種との連携

看護師・ケアマネージャーのみならず、リハビリ、ホームヘルパーとの連携を実施しています。
03

各種公費の適応

当院では生活保護や特定疾患による難病手帳のみではなく、精神科もあるため、自立支援手帳の適応も可能となります。
04

診療科目が3科目ある

内科のみならず、皮膚科、精神科もあるため、在宅での診療に幅があります。 ※皮膚科、精神科に関しては曜日固定となります。
05

緩和ケア

訪問看護と連携をして在宅での麻薬処方なども実施しています。ガンの末期時の疼痛緩和などの実績があります。
06

在宅での高いお看取り率

当院介入で最後までケアさせていただいた患者様の中で、急変時の対応として、入院と在宅で最期までという選択が出来るようにどちらにも柔軟に対応いたします。訪看との連携により、最後まで在宅生活を全うした方が約30%となっております。
トップへPAGE TOP